(最終更新日:2021-11-26 10:33:09)
  フルヤ ナオキ   FURUYA NAOKI
  古屋直樹
   所属   医学部医学科 呼吸器内科
   職種   講師
■ 学術雑誌
1. 原著  Solid histological component of adenocarcinoma might play an important role in PD-L1 expression of lung adenocarcinoma. 2021/10
2. 原著  Combining PD-L1 expression and standardized uptake values in FDG-PET/CT can predict prognosis in patients with resectable non-small-cell lung cancer. 2021/08
3. 原著  Assessment of chemotherapy regimens on radiation pneumonitis in patients with unresectable stage III non-small-cell lung cancer after definitive chemoradiotherapy 2021/07
4. 症例報告  PCR陰性であったがNGSで診断し得たEGFRexon19欠失挿入変異性肺腺癌の1例 2021/04
5. 症例報告  A Case of Untreated Squamous Cell Lung Carcinoma May Contribute to the Occurrence of Hemophagocytic Syndrome 2021/03
全件表示(49件)
■ 著書
1. 部分執筆  抗PD-1抗体 ペムブロリズマブ「免疫チェックポイント阻害薬実践ガイドブック」 2020/10
2. 部分執筆  JO25567とNEJ026「CLINICAL ONCOLOGY 腫瘍内科」 2019/05
3. 部分執筆  細胞障害性抗癌薬(非小細胞肺癌)「呼吸器疾患-最新の薬物療法-1 悪性腫瘍」 2016/10
4. 部分執筆  リンパ脈管筋腫症(LAM)「難病事典」 2015/12
■ 学会発表
1. 高感度NGSを使用したT790M等のマイナー変異の検出およびheterogeneityの解明 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/06/25
2. 当院におけるがん遺伝子パネル検査の二次的所見に関する検討 (ポスター,一般) 2021/06/18
3. 集学的治療とペメトレキセドで9.5年以上病勢制御できたKIF5B-RET融合遺伝子陽性肺腺癌の一例 (口頭発表,一般) 2021/05/29
4. LAMP法とPCR法が複数回陰性でも隔離解除できなかったCOVID-19疑似症肺炎の一例 (ポスター,一般) 2021/04/10
5. 日本人のEGFR M(+)例におけるこれからの治療戦略 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/03/12
全件表示(277件)