研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2018-01-17 11:26:14)
  ナカムラ ハルヒコ   NAKAMURA HARUHIKO
  中村治彦
   所属   医学部医学科 呼吸器外科
    医学部医学科 分子病態情報研究講座
   職種   教授
■ 学術雑誌
1. 原著  Survival significance of coexisting chronic obstructive pulmonary disease in patients with early lung cancer after curative surgery. 2018/01
2. 総説  Different EGFR gene mutations in two patients with synchronous multiple lung cancers 2017/11
3. 総説  肺癌診療における分子生物学の役割 2017/11
4. 原著  Accuracy of the cobas® EGFR mutation assay in non-small cell lung cancer compared with three laboratory-developed tests 2017/10
5. 原著  Worse survival after curative resection in patients with pathological stage I non-small cell lung cancer adjoining pulmonary cavity formation 2017/09
全件表示(66件)
■ 著書
1. 部分執筆  5.治療方針 A.非小細胞癌 15.単発遠隔転移例について,局所療法の適応をどう考えますか?「肺癌診療Q&A 第3版 一つ上を行く診療の実践」 2017/10
2. 部分執筆  Developments for personalized medicine of lung cancer subtypes:Mass spectrometry-based clinical proteogenomic analysis of oncogenic mutations, Proteogenomics 2016/11
3. 部分執筆  胸壁の炎症、感染症「呼吸器外科テキスト~外科専門医・呼吸器外科専門医をめざす人のために~」 2016/04
4. 部分執筆  良性腫瘍・悪性腫瘍・肺動脈血栓塞栓症・開胸法・肺切除術および閉胸法「標準外科学 第14版」 2016/02
5. 部分執筆  ロボット手術は、呼吸器外科領域で使われるか?「EBM呼吸器疾患の治療2016-2017」 2016/01
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 子宮癌肉腫切除後長年月を経て肺内転移をきたした1切除例 (口頭発表,一般) 2017/12/02
2. 最近の肺癌診療の進歩 (口頭発表,一般) 2017/11/17
3. 心窩部通で発症した胸腺癌の1切除例 (口頭発表,一般) 2017/11/11
4. 肺癌診療における分子生物学の役割 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/11/10
5. 肺癌診療における分子生物学の役割 (口頭発表,一般) 2017/11/10
全件表示(211件)