研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2017-09-21 16:01:41)
  ユウドウ カズオ   YUDO KAZUO
  遊道和雄
   所属   大学院医学研究科 難治性疾患病態制御学
   職種   大学院教授
■ 学術雑誌
1. 総説  Cartilage Tissue Engineering-A Novel Biomaterial for Cartilage Repair Generated by Self- Assembly: Creation of a Self-Organized Articular Cartilage-like Tissue 2017/05
2. 総説  関節リウマチと変形性関節症 2017/05
3. 原著  The Nicotinamide Adenine Dinucleotide (NAD)-Dependent Deacetylase Sirtuin-1 Regulates Chondrocyte Energy Metabolism through the Modulation of Adenosine Monophosphate-Activated Protein Kinase (AMPK)in Osteoarthritis (OA) 2017/04
4. 原著  Therapeutic Potential of Nanocarbon C60 Fullerene in Osteoarthritis 2017/04
5. 原著  Polyhydroxylated C60 Fullerenes Prevent Chondrocyte Catabolic Activity at Nanomolar Concentrations in Osteoarthritis 2016/08
全件表示(48件)
■ 著書
1. 部分執筆  変形性関節症(Osteoarthritis:OA)治療法の今後の展開:OA治療を目的をとする自己注射薬の可能性について「自己注射」 2016/03
2. 部分執筆  注射剤しかない薬物・難溶性薬物の経鼻吸収化「注射剤・経口製剤に代わる新しい薬剤投与デバイスの開発」 2014/07
3. 部分執筆  痛風と高尿酸血症「人体の構造と機能及び疾病のなりたち 各論」 2013/09
4. 部分執筆  第7章 各疾患領域の臨床医からみた今後開発・応用すべきDDS技術
第2節 炎症・自己免疫疾患治療の現状とDDS開発へのメディカルニーズ
[1]関節リウマチ治療におけるDDS開発へのメディカルニーズ「DDS製剤の開発・評価と実用化手法」 2013/03
■ 学会発表
1. 光刺激の感受・細胞応答機構の解明と骨関節疾患に対する光医療器開発への応用 (口頭発表) 2017/07/15
2. EBMに基づいた評価によるCFS治療ガイドライン作成に向けて (口頭発表) 2017/06/04
3. Anti-endothelial cell antibodies in juvenile dermatomyositis. (ポスター) 2017/05
4. Impact of NAD-Dependent Deacetylase Sirtuin-1 in the Osteophyte Formation and the Degradation of Articular Cartilage in Osteoarthritis(OA) (ポスター) 2017/04/28
5. SPACIA1/SAAL1が制御するCDK6発現量の減少はRA滑膜細胞の増殖を抑制する (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/04/22
全件表示(89件)