研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2018-06-06 14:46:29)
  マツナガ コウタロウ   MATSUNAGA KOTARO
  松永光太郎
   所属   医学部医学科 消化器・肝臓内科
   職種   講師
■ 学術雑誌
1. 原著  Efficacy of ledipasvir/sofosbuvir with or without ribavirin for 12 weeks in genotype 1b HCV patients previously treated with a nonstructural protein 5A inhibitor-containing regimen 2018/03
2. 原著  Fusobacteriumによる化膿性肝膿瘍9症例の臨床的検討 本邦報告例のreview 2018/01
3. 原著  ダクラタスビル/アスナプレビル/ベクラブビルによる再治療中に P495L 耐性変異を検出した C 型代償性肝硬変の viral breakthrough例 2017/12
4. 症例報告  アメーバ性大腸炎に続発したB型急性肝炎の1例 2017/11
5. 原著  Fusobacterium nucleatum detected simultaneously in a pyogenic liver abscess and advanced sigmoid colon cancer. 2017/08
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. 免疫抑制療法中に発症した感染契機不明のアメーバ性肝膿瘍の1症例 (口頭発表,一般) 2018/02/17
2. アルコールおよび NASH 肝硬変症例における門脈に流入する細菌叢の次世代シークエンス解析 (口頭発表,一般) 2018/01/26
3. 急性期より経時的な肝血流と病態変化をとらえた門脈血栓症の3例 (口頭発表,一般) 2017/09/14
4. 経皮経肝的静脈瘤塞栓術、肝動脈門脈短絡路閉鎖で治療し得た難治性食道静脈瘤の1例 (口頭発表,一般) 2017/09/14
5. 門脈圧亢進症を有する肝硬変および非肝硬変症例のICG停滞率と肝血行動態の比較検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/09/14
全件表示(111件)