研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2017-08-15 15:32:45)
  ヒノ ヒロフミ   HINO HIROFUMI
  日野博文
   所属   医学部医学科 麻酔学
   職種   准教授
■ 学術雑誌
1. 原著  看護師に対する術後鎮痛に関する意識調査 -PCA導入に向けての現状と課題- 2016/12
2. 原著  Peripheral nerve conduction abnormalities precede morphological alterations in an experimental rat model of sepsis 2016/09
3. その他  男女共同参画に関する聖マリアンナ医科大学のアンケート調査結果 2015/05
4. その他  聖マリアンナ医科大学麻酔学教室における学生臨床実習 2015/05
5. 原著  Thrombomodulin improves maternal and fetal conditions in an experimental pre-eclampsia rat model 2014/05
全件表示(19件)
■ 著書
1. 部分執筆  第14章基礎疾患を有する患者の評価 X膠原病患者の術前評価「周術期管理チームテキスト」 2016/08
2. 部分執筆  Q1.前投薬が行われなくなったのはなぜか?「麻酔科クリニカルクエスチョン」 2016/05
3. 部分執筆  Q2.抗血小板薬やワルファリンは術前いつ中止すべきか?「麻酔科クリニカルクエスチョン」 2016/05
4. 部分執筆  睡眠時無呼吸・夜間CPAP「麻酔科医のための困ったときの3分コンサルト」 2016/05
5. 部分執筆  RSTからRRSへ安全な呼吸管理を目指して「RRS院内救急対応システム」 2012
全件表示(16件)
■ 学会発表
1. 敗血症ラット坐骨神経毛細血管におけるGlycocalyxの変化に対するrecombinant thrombomodulineの効果 (口頭発表,一般) 2017/07/16
2. Critical illness polyneuropathyの発生機序とダナパロイドの保護効果の検証 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/06/30
3. 重症喘息患者における気管支サーモプラスティの周術期管理 (ポスター,一般) 2017/06/09
4. Danaparoid Sodium on Sciatic nerve glycocalyx in Septic Rats (口頭発表,一般) 2017/05/07
5. Prevention of glycocalyx degradation on sciatic nerves by anti-coagulant in a septic rat model (口頭発表,一般) 2017/03/25
全件表示(72件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2018/03  妊娠高血圧症候群における血管内皮細胞の形態学的変化と抗凝固薬の保護効果機序の検証 基盤研究(C) (キーワード:妊娠高血圧症候群 glycocalyx 抗凝固薬)
2. 2011/04~2013/03  敗血症に伴う重症末梢神経炎の発生機序の解明と活性化第X因子阻害薬の保護効果の検討 基盤研究(C) (キーワード:Critical illness polyneuropathy 敗血症 抗凝固薬)
3. 2008/04~2010/03  敗血症に伴う重症末梢神経炎の発生機序の解明‐第Ⅹ因子阻害薬の保護効果の検討‐ 基盤研究(C) (キーワード:Critical illness polyneuropathy、敗血症、抗凝固薬)
■ 受賞学術賞
1. 2015/09 10th Best Poster Award (10th World Congress of Microcirculation)
■ 現在の専門分野
集中治療医学, 産科学 (キーワード:ICU acquired weakness, Critical illness polyneuropathy, 妊娠高血圧症候群の血管構造) 
■ 科研費研究者番号
70308500