研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2017-11-15 13:56:05)
  ヤマモト ヒロユキ   YAMAMOTO HIROYUKI
  山本博幸
   所属   医学部医学科 消化器・肝臓内科
   職種   准教授
■ 学術雑誌
1. 症例報告  Fusobacterium nucleatum detected simultaneously in a pyogenic liver abscess and advanced sigmoid colon cancer. 2017/08
2. 原著  Identification of human papillomavirus (HPV) 16 DNA integration and the ensuing patterns of methylation in HPV-associated head and neck squamous cell carcinoma cell lines 2017/04
3. 原著  Serum monomeric laminin-γ2 as a novel biomarker for hepatocellular carcinoma 2017/04
4. 原著  Successful endoscopic fragmentation of large hardened fecaloma using jumbo forceps 2017/02
5. 原著  BARHL2 Methylation Using Gastric Wash DNA or Gastric Juice Exosomal DNA is a Useful Marker For Early Detection of Gastric Cancer in an H. pylori-Independent Manner 2016/07
全件表示(28件)
■ 著書
1. 部分執筆  CEA (がん胎児性抗原),乳頭分泌液中CEA CA19-9 (糖鎖抗原19-9) CA50 (糖鎖抗原50) DU-PAN-2
Span-1 NCC-ST-439 ビタミンK欠乏性蛋白-II (PIVKA-II) α-フェトプロテインレクチン分画 (AFP-L3%, AFP-P4+P5%) α-フェトプロテイン定性 (AFP定性) 5-ヌクレオチドホスホジエステラーゼアイソザイムV (5’-NPD-V)「パーフェクトガイド検査値事典 第2版」 2014/07
2. 部分執筆  小腸腫瘍「内科学書」 2013/10
3. 部分執筆  特殊な胃炎「内科学書」 2013/10
4. 部分執筆  自己免疫性胃炎「専門医のための消化器病学」 2013/10
■ 学会発表
1. ヒトとピロリ菌ゲノム解析に基づく“胃全体の情報を網羅した”次世代の胃癌バイオマーカーの開発と診断・治療・予防への応用 (口頭発表,一般) 2017/09/30
2. 乳がん細胞株におけるPRDM14 分子による遺伝子発現のエピジェネテックな制御 (口頭発表,一般) 2017/09/29
3. 除菌治療後に胃内H. pylori(変異株)の含有比は変動する (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/06/30
4. ヒトとピロリ菌ゲノム解析による次世代の胃癌リスク診断・除菌治療・癌予防 (口頭発表,一般) 2017/06/29
5. 生検鉗子サイズとGroup 2診断率の関係-Small capacity forceps とStandard capacity forceps の比較- (口頭発表,一般) 2017/05/13
全件表示(95件)