研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2017-09-15 10:12:58)
  オクセ チアキ   OKUSE CHIAKI
  奥瀬千晃
   所属   医学部医学科 消化器・肝臓内科
   職種   病院教授
■ 学術雑誌
1. 原著  Combinational use of hepatitis B viral antigens predicts responses to nucleos(t)ide analogue/peg-interferon sequential therapy 2017/07
2. その他  先行する核酸アナログ製剤からテノホビルへの変更がHBs抗原量に及ぼす影響 2017/06
3. 原著  Resistance mutations of hepatitis B virus in entecavir-refractory patients 2017/04
4. 原著  Serum monomeric laminin-γ2 as a novel biomarker for hepatocellular carcinoma 2017/04
5. 原著  Effects of vaccine-acquired polyclonal anti-HBs antibodies on the prevention of HBV infection of non-vaccine genotypes. 2017/03
全件表示(70件)
■ 著書
1. 部分執筆  「C型肝炎最前線[新世代のDAAsをどう使うか・IFNの使い方はどう変わるか]」 2015/04
2. 部分執筆  治療が可能となったC型肝炎「HIV感染症とAIDSの治療」 2014/11
3. その他  Incidentally detected cholangiocarcinomain an explanted liver with biliary atresia after Kasai operation, Padiatr Transplant 2013/03
4. その他  全身感染症としてのC型肝炎「化学療法の領域」 2012/04
5. その他  ステロイド、免疫抑制薬の副作用対策「肝炎の再燃(de novo肝炎)「腎疾患治療のエビデンス 第2版」 2012/01
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. DAA療法で著効が得られたC型肝硬変症例の肝予備能と発癌に関する検討 (口頭発表,一般) 2017/06/09
2. 先行する核酸アナログ製剤からテノホビルへの変更がHBs抗原量に及ぼす影響 (口頭発表) 2017/06/09
3. 当院における電子カルテシステムを用いたHBVスクリーニング対策 (ポスター,一般) 2017/06/09
4. 肝疾患特異的尺度(CLDQ)を用いたDAA治療におけるQOL改善の評価 (口頭発表,一般) 2017/06/09
5. オキサリプラチンによる食道胃静脈瘤形成予測には血小板数と脾臓径の推移が有用であ (口頭発表,一般) 2017/06/08
全件表示(170件)