研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2018-01-12 14:29:07)
  ミヤザワ テルオミ   MIYAZAWA TERUOMI
  宮澤輝臣
   所属   医学部医学科 呼吸器内科
   職種   特任教授
■ 学術雑誌
1. 原著  Comparison of Airway Measurements for Tracheobronchial Stenosis Between Stereoscopic Bronchoscope and MD-CT. 2017/10
2. 原著  Tracheal Stenosis Caused by Thoracic Malignancy: Correlation between CT-Based Tracheal Measurement and Spirometric Values before and after Tracheal Stenting 2017/08
3. 総説  気管支サーモプラスティの適応と効果~気管支サーモプラスティによりAQLQとピークフローが改善し著効した難治性喘息患者症例~ 2017/07
4. 総説  肺癌に対するステント留置術―とくにハイブリッドステント(AERO stent)について 2017/07
5. 原著  Efficacy of long-term omalizumab therapy in patients with severe asthma. 2017/03
全件表示(92件)
■ 著書
1. 部分執筆  胸膜癒着術「乳がん薬物療法副作用マネジメント」 2017/09
2. 部分執筆  気胸「私の治療」 2017/07
3. 部分執筆  Guide sheathを用いた気管支腔内超音波断層法:EBUS-GS「気管支鏡ベストテクニック」 2017/04
4. 部分執筆  中枢気道に対する気管支腔内超音波断層法:EBUS「気管支鏡ベストテクニック」 2017/04
5. 部分執筆  呼吸器インターベンション用硬性気管支鏡「気管支鏡ベストテクニック」 2017/04
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. 気管支鏡検体でのPD-L1高発現確認により、一時治療としてペンブロリズマブを導入し奏功した2例 (口頭発表,一般) 2017/12/02
2. 補助循環管理下の重症患者の喀血に対しEndobronchial Watanabe Spigot(EWS)を用いた気管支充填術が奏功した一例 (口頭発表,一般) 2017/12/02
3. Changes in the cross-sectional area of pulmonary small vessels assessed via chest computed tomography after interventional bronchoscopy in patients with airway obstruction. (ポスター,一般) 2017/11/26
4. Effectiveness and safety of bronchial thermoplasty. (ポスター,一般) 2017/11/26
5. A case of empyema caused by Edwardsilla tarda. (ポスター,一般) 2017/11/25
全件表示(248件)