研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2017-10-10 14:57:17)
  ナカジマ タカコ   NAKAJIMA TAKAKO
  中島貴子
   所属   医学部医学科 臨床腫瘍学
   職種   教授
■ 学術雑誌
1. 総説  Profile of trifluridine/tipiracil hydrochloride in the treatment of metastatic colorectal cancer: efficacy, safety, and place in therapy 2017/09
2. 総説  切除不能・再発進行胃がんの治療戦略 state-of-art 2017/07
3. 総説  GOLD試験(胃がん2次治療におけるweekly paclitaxel±olaparib) 2017/06
4. 総説  JCOG1108/WJOG7312G高度腹水を伴うまたは経口摂取不能の腹膜転移を有する胃癌に対する5-FU/l-LV療法 vs FLTAX (5-FU/l-LV/PTX)療法のランダム化第II/III相比較試験 2017/06
5. 総説  胃癌・RAM(単剤, RAM+PRX) 2017/06
全件表示(69件)
■ 著書
1. 編集・監修  薬がみえる vol.3 第1版「薬がみえる vol.3 第1版」 2016/11
2. 部分執筆  胃がん「新臨床腫瘍学改訂第3版」 2012/12
3. その他  進行胃癌で治癒切除後補助化学療法を施行していたが、術後1年後に中等量の腹水を伴う腹膜転移再発をきたし、化学療法を施行した症例「症例から学ぶメディカルオンコロジー」 2011/11
4. その他  各臓器がんの最新標準治療 2)胃がん「腫瘍内科」 2011/10
5. その他  うまく続ける 消化管がん化学療法「消化器BOOKS」 2011/01
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. A feasibility study of TAS-118 plus Oxaliplatin as perioperative chemotherapy for locally advanced gastric cancer. poster presentation  2017/09/08
2. The Nationwide Cancer Genome Screening Project in Japan SCRUM-Japan GI-SCREEN: Efficient Identification of Cancer Genome Alterations in Advanced Pancreatic Cancer.  2017/09/08
3. Clinical Implication of Morphological Changes of Ramucirumab in Metastatic Gastric Cancer  2017/07/27
4. Development of new agents for unresectable gastric cancer: Global?Asian?Japanese?  2017/07/27
5. Newest knowledge in perioperative chemotherapy for gastric cancer especially around TAS-118.  2017/07/27
全件表示(69件)