(最終更新日:2020-05-26 15:32:57)
  トザワ アキコ   TOZAWA AKIKO
  戸澤晃子
   所属   医学部医学科 婦人科
   職種   病院教授
■ 学術雑誌
1. 原著  Interleukin-34 expression in ovarian cancer: a possible correlation with disease progression 2020/03
2. 原著  Radiofrequency identification tag system improves the efficiency of closed verification for cryopreservation and thawing of bovine ovarian tissues 2019/11
3. 原著  卵巣癌の術前診断が困難であり初回手術が腹腔鏡手術であった卵巣明細胞癌Ⅰ期2例の検討 2019/04
4. 原著  Oocyte retrieval after heterotopic transplantation of ovarian tissue cryopreserved by closed vitrification protocol 2018/11
5. 総説  The Clinical Features of Recurrent Endometrial Cancer in Japan: Chemotherapy Instead of Radiotherapy as Postoperative Adjuvant Treatment. 2018/10
全件表示(33件)
■ 著書
1. 部分執筆  妊娠期 2.合併症妊娠 2)婦人科悪性疾患「産科グリーンノート」 2019/11
2. 部分執筆  第1章 抗がん剤の副作用と治療 18.性機能障害「第3版 がん化学療法副作用対策ハンドブック」 2019/10
3. 部分執筆  女性生殖器「看護師国家試験問題集2018年度」 2017/04
4. 部分執筆  痛み:神経障害性疼痛「今すぐ始めたい婦人科がん領域における緩和医療の実践」 2017/04
5. 部分執筆  女性生殖器「看護師国家試験問題集2017年版」 2016/04
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 妊孕性温存療法における未受精卵子凍結の改善策を探るー成熟卵子および未成熟卵子のミトコンドリア動態を解明するー (ポスター,一般) 2020/04/26
2. DNA損傷に応答したp21転写活性化におけるARID1Aとp53の協調作用 (口頭発表,一般) 2020/02/08
3. 卵巣癌新規バイオマーカーとしてのIL-34の有用性の検討 (口頭発表,一般) 2020/02/08
4. 広汎子宮全摘手術の後腹膜腔展開からみた深部子宮内膜症手術~取るべきか、取らざるべきか~ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/01/19
5. 肥満症例に対する腹腔鏡手術におけるトラブルシューティング (口頭発表,一般) 2019/11/20
全件表示(239件)
■ 講師・講演
1. 2019/02 子宮頸がんにおける診断マーカーおよび治療標的分子の解析研究(横浜)
2. 2019/02 がんと妊娠 子宮頸がんの現状と予防  〜AYA世代に伝えなければいけないこと〜
3. 2019/01 今後の子宮頸がん検診のあり方とLBCの有用性
4. 2018/12 子宮頸がん検診のあり方とHPV検査について
5. 2018/10 子宮頸がん検診の適切な検査方法とHPV検査
全件表示(6件)