研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2017-09-14 16:33:42)
  トザワ アキコ   TOZAWA AKIKO
  戸澤晃子
   所属   大学院附属研究所 難病治療研究センター
   職種   准教授
■ 学術雑誌
1. 総説  婦人科手術周術期にの静脈決戦塞栓症の予防と治療に関する最近の話題 2017/06
2. 原著  Sonohysterography in a suspected case of uterine perforation after dilatation and curettage for retained placenta 2017/05
3. 原著  contributions of the japanese gynecologic oncology group (jgog)in lmproving
the quality of life in women with gynecological malignancies. 2017/04
4. 原著  Glycan profiling using formalin-fixed, paraffin-embedded tissues: Hippeastrum hybrid lectin is a sensitive biomarker for squamous cell carcinoma of the uterine cervix 2017/03
5. 症例報告  Superb Microvacular Imaging(SMI)で観察した頸管妊娠の1例 2017/03
全件表示(23件)
■ 著書
1. 部分執筆  女性生殖器「看護師国家試験問題集2018年度」 2017/04
2. 部分執筆  痛み:神経障害性疼痛「婦人科 がん領域における緩和医療の実践」 2017/04
3. 部分執筆  女性生殖器「看護師国家試験問題集2017年版」 2016/04
4. 部分執筆  晩期障害 A.性機能障害「改訂版 がん化学療法副作用対策ハンドブック」 2015/11
5. 部分執筆  Ⅰ.子宮頸癌 E.治療方針 Q13ハイリスクHPV養成の取り扱いについて教えてください「婦人科癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践」 2014/04
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 腟原発悪性リンパ腫の一例 (口頭発表,一般) 2017/09/09
2. A case in which implantation delay was suspected during the In-Vitro Fertilization - Embryo Transfer (IVF-ET) cycle (口頭発表,一般) 2017/09/08
3. IVF周期中に着床遅延が疑われた一例 (口頭発表,一般) 2017/09/07
4. 婦人科がん患者におけるがん性疼痛に関する多施設共同研究 (口頭発表) 2017/07/29
5. 婦人科がん患者における神経障害性疼痛の発現状況とオピオイドの安全性と有効性に関する研究 (口頭発表) 2017/07/29
全件表示(158件)