研究者情報   
   検索ページ


    (最終更新日:2017-09-14 16:33:42)
  オオハラ タツル   OHARA TATSURU
  大原 樹
   所属   医学部医学科 婦人科
   職種   講師
■ 学術雑誌
1. 総説  婦人科手術周術期にの静脈決戦塞栓症の予防と治療に関する最近の話題 2017/06
2. 原著  Glycan profiling using formalin-fixed, paraffin-embedded tissues: Hippeastrum hybrid lectin is a sensitive biomarker for squamous cell carcinoma of the uterine cervix 2017/03
3. 症例報告  Superb Microvacular Imaging(SMI)で観察した頸管妊娠の1例 2017/03
4. 症例報告  外陰再発悪性黒色腫再発診断に外陰擦過細胞診は有用であった1例 2016/09
5. 原著  当院におけるプラチナ抵抗性再発卵巣癌に対するゲムシタビン単独療法の有効性と安全性についての検討 2016/09
全件表示(21件)
■ 著書
1. 部分執筆  婦人科癌に対するIVR技術を用いた治療―疾患概念と治療の基本的な考え方―「一歩先行く産科・婦人科のIVR」 2016/04
2. 部分執筆  子宮体がん 進行・再発 ドセタキセル70単剤療法「誰も教えてくれなかった婦人科がん薬物療法」 2015/08
3. 部分執筆  子宮体がん 進行・再発 パクリキセル175+カルボプラチンAUC5(TC療法)「誰も教えてくれなかった婦人科がん薬物療法」 2015/08
4. 部分執筆  Ⅰ.子宮頸癌 C.病理と分類 Q9最少偏倚腺癌とLEGHとは何ですか?また治療方針について教えてください「婦人科癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践」 2014/04
■ 学会発表
1. 腟原発悪性リンパ腫の一例 (口頭発表,一般) 2017/09/09
2. A case in which implantation delay was suspected during the In-Vitro Fertilization - Embryo Transfer (IVF-ET) cycle (口頭発表,一般) 2017/09/08
3. IVF周期中に着床遅延が疑われた一例 (口頭発表,一般) 2017/09/07
4. 子宮原発Large cell neuroendocrine carcinomaの二例 (ポスター,一般) 2017/09/01
5. 血中エストロゲン高値を示した上皮性卵巣腫瘍の2例 (ポスター,一般) 2017/09/01
全件表示(153件)