(最終更新日:2020-04-10 10:57:18)
  ナカノ マリ   NAKANO MARI
  中野万理
   所属   医学部医学科 乳腺・内分泌外科
   職種   診療助手
■ 学術雑誌
1. 原著  A Genome-Wide association study identifies five novel genetic markers for Trastuzumab-Induced cardiotoxicity in Japanese population. 2019/10
2. 症例報告  Stage Ⅳ乳癌治療経過中に原発性腎細胞癌と乳癌腎転移を合併した1例 2019/10
3. 原著  授乳中の乳癌症例における臨床像, マンモグラフィ, 超音波検査所見の検討 2019/07
■ 学会発表
1. Peutz-Jeghers症候群に若年乳癌が合併した一例 (口頭発表,一般) 2019/12/07
2. 当院におけるパルボシクリブの治療成績とその後治療 (ポスター,一般) 2019/07/12
3. 当院における70歳以上のトリプルネガティブ乳癌患者に対する治療の検討 (ポスター,一般) 2019/07/11
4. Genome-wide association study to identify novel biomarkers for trastuzumab-induced cardiotoxicity (ポスター,一般) 2018/10/16
5. ゲノムワイド関連解析によるトラスツズマブ心毒性関連遺伝子多型の同定 (口頭発表,一般) 2018/10/10
全件表示(19件)